商品・バーコード・内職やシール貼り求人
*
ホーム > シール貼り体験 > バーコードシール貼り体験談2

バーコードシール貼り体験談2

食品工場でバーコードシール貼りの仕事をしたことがあります。
ライン作業だったんですが、バーコードシール貼りは作業の最後を務める仕事。
ひたすら用意されたシールを貼っていくだけなので、ライン作業の中ではラクな方だったと思います。
人数が必要なのは、トレーに食材を入れる担当なので、あまり担当が来なかったです。
バーコードシール貼りで求められる技術は、まっすぐに貼ることでした。
曲がっているとキレイに見えないので、なるべく落ち着いて作業していると、何も考えなくてもピタッと貼ることができるようになりました。
隅っこの角が直角になるとキレイに貼れます。
この技術は、他の工場のバイトでも使えました。
立ちっぱなしの環境は同じですが、比較的疲れない作業なので、最初にまっすぐ貼るように心がけていると、ずっと担当させてもらったりできますよ。
あと、大事なことは貼るシールの種類を間違えないことです。
これをやってしまうと、全てやり直しになってしまうからです。
必ず、次の作業に使うバーコードシールを確認してからでないと、大変なことに発展してしまいます。


タグ :

関連記事

バーコードシール貼り体験談4
バーコードシール貼りの内職がしたい!パートの給料だけでは、家計の足しにならないの...
バーコードシール貼り体験談3
私はずっと在宅ワークの仕事を探していました。まずはどんな在宅ワークを選ぶかですが...
バーコードシール貼り体験談2
食品工場でバーコードシール貼りの仕事をしたことがあります。ライン作業だったんです...
バーコードシール貼り体験談1
私は内職を探しているのですが、内職をしている友人にどんな仕事があるのか訊ねてみた...